忍者ブログ
きままに漫画のレビュー等を挙げていきます。 その他、新刊情報やオススメ漫画などの紹介もしています。
[496] [454] [452] [453] [465] [463] [461] [456] [451] [447] [445

現在ゆるゆるとブログ引越し作業中です。
リンクの張替え等、完了するまで色々とご不便かけいたしますが、ご了承ください。

・・・

>>トルトルの漫画発表会(単行本)はこちら<<

・・・

>>レビュー漫画一覧はここをクリック<<

・・・

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ONE PIECE 第764話 "ホワイトモンスター"レビューです。

ONE PIECE 第764話 ONE PIECE 第764話 


拍手[1回]







" サイレント "



コラソンが指を鳴らすと共に彼らのまわりから音が消える…。

"防音壁"



コラソンは"ナギナギの実"の無音人間。

喋れないというのは演技。
ドジなのも…



演技じゃないっwww

あくまでドフラミンゴファミリーのことは仲間ではないというコラソン。

" おれの目的は…弟として兄ドフィの"暴走"を止める事だ "



" 心優しい父と母から…… なぜあんなバケモノが生まれたのかわからない "

堕ちた天竜人として民衆から迫害を受けていたときも…

" おまえらを一人残らず "



" 殺しにいくからなァ!!!! "

そのひるむ事を知らない憎悪に恐怖を覚えたというコラソン。

" 兄のようなバケモノになるな!! 出て行けロー…!! "



" 隠し名"D"…!!間違いない お前は宿命の種族"Dの一族"だ……!! "

コラソンの故郷…つまりでは子供は

「行儀の悪い子は"ディー"に食われてしまうぞ」

と言われてしつけられるらしい。

" ——しばしば世間で名を上げる"D"の名を持つ者達に対し老人達は眉をひそめてつぶやく "


" 「"D"はまた必ず嵐を呼ぶ」…!!! "


そして、またある土地では"Dの一族"は
Dの一族 神の天敵

" 神の天敵 "

と呼ばれる。。

神を"天竜人"とするならば"D"には"神"と相対する思想があるはずだというコラソン。

しかし、残り寿命1年で出て行ったところでどうしようもないというロー。



逆にコラソンの事をドフラミンゴに告げ口するというロー。
2年間でコラソンの一撃を避けるまでに強くなっていたローは捕まる事なく、船にもどる。

秘密がバレて制裁される事を覚悟して船に戻ったコラソンでしたが、ドフラミンゴはコラソンの秘密を知った様子もない。。

不思議に思っていたコラソンでしたが、ローはかつて自分がコラソンを刺した事を黙っていてくれた借りを返したと。。

そんなローを拉致して、ドフラミンゴに書き置きを残し船を出たコラソン。



その目的はあらゆる病院をまわってローの白鉛病を治す事。



そこでとある人物に連絡をとるコラソン。

そのあいては…

海軍本部大将センゴク

海軍本部 大将 センゴク!!

コラソンは実は海兵だった!!?

ドンキホーテ・ロシナンテ中佐

ドンキホーテ・ロシナンテ中佐!!

センゴク直属で特命でドンキホーテファミリーに潜入していたようですね。

子供嫌いというのも、子供だけはファミリーから出て行かそうと、わざと痛めつけていたようです。

とりあえず、ローの治療のために任務を離れることをセンゴクに伝えたコラソン。


一件目の病院にやって来たローとコラソン。



しかし、ローの病気が"珀鉛病"だと知るや否やパニックに陥る医者と看護師。



それにしても尾田先生はホントこういうキャラを憎らしく描写されますねwww
おまえはそんなにか弱くないだろっとか言いたくなるwww

しかし、ローの目の前であるにも関わらず、医者達のなんの気遣いもないこの反応に



愕然とするコラソン。

自分はもはや人間ではないんだとその場を泣きながら離れるロー。

ローの受けて来た迫害の一部を目の当たりにしたコラソン。

抑え様のない怒りに医者を殴り飛ばす。。




その後も各地の病院を巡るもののどこの病院でも同様の扱いを受けるローとコラソン。


" あん時お前おれを刺したけど… 痛くもなかった……!!! "

コラさん 涙 コラソン ロシナンテ カッコいい

" 痛ェのはお前の方だったよな…かわいそうによォ…!!! ロー……!!! "

迫害され続けていたローにとって、初めて自分のために涙を流してくれた人物。

コラソンとロー

その涙に、ローもまたひとり涙を流します。。

そして、翌朝からコラソンのことをコラさんと呼ぶようになったロー。



喜び驚くコラソン。

ようやくわかり合えた二人。。

しかし、そこに突然…



ドフラミンゴからの通信が…。


うわ〜、コラさん格好良すぎる。。
というか、良い人過ぎる。
コラさん…というより、ロシナンテは両親の優しさを継いだんですね。

ドフラミンゴからの通信、良い報か、悪い報か。。

>ONE PIECEレビュー一覧<






PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)

お知らせ

ブログ引っ越し中です。
作業完了まで、リンクエラーなどご迷惑おかけするかと思いますがご了承ください。
よろしくお願いします。


更新告知用にtiwitter始めました。 よろしければフォローお願いします。
@torutorucomic
忍者カウンター
最新注目情報!!オススメ記事!!

『つぐもも』第122話「ティルト共闘」 触手エロ再び!!糸信の触手プレイ!?
『早乙女選手、ひたかくす』第9巻 "修学旅行"編でラブがコメる!!大波乱あり!!?
『つぐもも』第118話「ダバダの黒い噂」 この背中をみよ!桐葉のエロ拷問がやばすぎる!!
『RaW HERO』第2巻 美しき、悪の女幹部!
『つぐもも』第23巻 異世界編突入で桐葉さんがエロ無双!!?
『やんちゃギャルの安城さん』第3巻 安城さん、可愛すぎる!!
『早乙女選手、ひたかくす』第8巻 "全国大会"編突入!!

『双星の陰陽師』まとめ 式神呪装「焼きおはぎマン」!!

真・一騎当千 第18話 レビュー 勾玉の真実。黄蓋公覆と多聞丸。

『武装少女マキャベリズム』まとめ 『誇海共生学園』の頂点「六王剣」。「天下五剣」の誰と戦う!!?

武装少女マキャベリズム 最新第35話後編 誇海共生学園の頂点!6人の王「六王剣」!!

食戟のソーマ 221 "辛味大合戦" レビュー ワニ料理vs.アフリカンラーメン!!

HUNTER×HUNTER No.362「決意」 「念」を会得してはならない人間。。

双星の陰陽師 最新第45話「おかえり、勘ちゃん先生」 戒めを解いた"青龍"!!

テガミバチ 最終99話「Shine」 レビュー letterbee99 "君のようなテガミバチになりたい..."

・・・

無邪気の楽園 最新PARADISE.75 "開かずの楽園"レビュー 修学旅行の夜。このみの告白と決意。

双星の陰陽師考察

11人の婆娑羅

・・・

To LOVEる ダークネス 番外編後編 レビュー ヒロイン大集合!!連鎖するハレンチ!!

外伝最終話!!
NARUTO外伝700+10話 「その眼に写るもの」レビュー

・・・

『BORUTO』考察 ボルトの右眼は悪意を見る!?? 既存の瞳術に属さない全く新しい瞳術!!?

・・・

『るろうに剣心まとめ』 asu 新章開幕!!北海道編登場人物(推定)&本編との違い

・・・

『鬼滅の刃』第68話「使い手」 最強の御業"日の呼吸"!!

るろうに剣心・異聞 明日郎前科アリ 後編 レビュー asutarou-b "無限刃を継ぐ者"

NARUTO外伝考察
"うちはシン" 正体..."根"との関係!?

・・・

『双星の陰陽師』考察 "見極めの儀"でろくろの垣間見たものは...。

食戟のソーマ
"華麗なる晩餐会"
特別書き下ろし
ジャンプヒロイン夢の競演!?

・・・

エンバーミング #58 「DEAD END」レビュー58 "あるべき魂をあるべき場所へ"

新妹魔王の契約者・嵐! 最終話「大団円!」 レビュー shinmaitestlast " 悩ましい妹たちとともに...。"

ブログ内検索
最新記事
(11/05)
(06/30)
(06/06)
(06/05)
(06/05)
(06/05)
(06/05)
(06/05)
(06/05)
(06/05)
人気レビュー作品ランキング(月一更新)

第1位

>無邪気の楽園<

・・・

第2位

>NARUTO<

・・・

第3位

>To LOVEる<

・・・

第4位

>テガミバチ<

・・・

第5位

>新妹魔王の契約者・嵐!<

・・・

第6位

>真・一騎当千<

・・・

第7位

>七つの大罪<

・・・

第8位

>ONEPIECE<

・・・

第9位

>FAIRY TAIL<

・・・

第10位

>るろうに剣心<

スポンサーリンク

Copyright ©   トルトルの漫画発表会   All Rights Reserved
Design by MMIT simple_plain Powered by NINJA TOOLS
忍者ブログ [PR]
<!--$g_title--> <!--$g_page_title-->